HomebrewでLESS環境を構築するならLESS.appがいいみたい

MacをクリーンインストールしてLESS環境を構築し直してみたら、いろいろ勘違いがあったのでメモ。
以下、3点が違ってたみたい。

  • Rubyのバージョンが古かった
  • HomebrewだとLESS CSS Plugin for Codaでコンパイルエラー
  • Coda PHP & Web Toolkitとコンフリクトする?

Rubyのバージョンが古かった

コマンドが通らない原因は.bash_profileなどでのパスの設定かと思ってましたが、MacデフォルトのRubyのバージョンが古い場合も上手くいかないようでした。
※私の環境はMac OS X Leopard

まず.bash_profileは以下のような感じ

export PATH=/usr/local/bin:$PATH
[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm"

そしてRubyのバージョンですが、最新の1.9.2をインストールしました。
インストールしたら、ターミナルで以下の2点を確認してみます。

  • Rubyもgem(RubyGems)も同じバージョンのものを使っているか?
  • /usr/binのRubyやgemを使ってないか?
which ruby
which gem

パスの確認とruby-1.9.2-p180みたいに同じバージョンが表示されてたらOK。

HomebrewだとLESS CSS Plugin for Codaでコンパイルエラー

Codaのメニューからコンパイルしようとすると、以下のようなエラーが表示されます。

Error: No LESS Compiler Installed

「LESS用のgemが見つかりません」みたいなことが書いてありますね。

いろいろと調査してみたところ、LessCSS.codapluginを「右クリック」→「パッケージの内容を表示」として、Contents/Resourcesフォルダ内のVersion History.rtfをテキストエディタで開いてみると、以下のような注意書きがありました…

  • Now looks for the LESSC gem in ‘/usr/local/bin’ and ‘/opt/local/bin’ in addition to ‘/Library/Ruby/Gems’ (to support Macports).

意訳すると「/usr/local/binと/opt/local/binにLESS用のgemを探しにいきます(MacPortsをサポートするため)」とのことなので、MacPortsでLESSをインストールしたら上手くいきそうです。

しかし「.bash_profileでパスの設定」やらなんやら、ターミナルなどに慣れてないと既に敷居が高くなってるのでちょっと思考を変えてみます。

Coda PHP & Web Toolkitとコンフリクトする?

結論から言うと、LESS CSS Plugin for Codaを止めてLESS.appを導入するといろんな問題が解決します。

そもそもCoda PHP & Web Toolkitを導入してると、LESS CSS Plugin for Codaのインストール時にエラーが表示されます。(以前は出なかったと思うんですが)

Another plugin is not compatible with the Coda PHP & Web Toolkit.

「LESS CSS Plugin for Codaをアンインストールして、代わりにLESS.appを使ってね」とありますね。
どうやらCoda PHP & Web Toolkitとの相性が悪いみたいで、コンフリクトを起こすみたいです。

プラグインに固執する理由もなかったのですが、何とかプラグインでコンパイルできないかと随分長いこと迷走してしまいました。LESS.appに切り替えたら即効解決、使い心地も問題ないです。

ターミナルでのインストールは敷居が高いかもしれませんが、CodaでLESS環境の構築が上手くいかない方はお試しください。

No comments yet.

コメントを投稿