Photoshopで補正した画像に「Exif」を含めて書き出す

デジカメで撮影した画像には、撮影カメラや使用レンズはもちろん、焦点距離やシャッタースピードなどのメタデータが記録されています。いわゆるExif(エグジフ)情報というものです。

フジフイルムが提唱し、統一規格となった画像保存形式で、ほとんどのデジタルカメラで対応。非可逆圧縮方式のjpegや、可逆圧縮方式のTIFFなどに対応しており、撮影した日時、カメラの型番、撮影条件などを「Exif情報」として持つほか、サムネール画像も保持できる。最新のExif2.2では、適正にプリントアウトするためのデータを保持するExif Printという機能も持っている。

出典:ASCII.jpデジタル用語辞典

僕もFlickrや写真系のブログなどを見る時には、印象に残った写真のExif情報を見ています。
同じような被写体や構図を撮る時の参考になるからです。

ただPhotoshopで補正後、「Webおよびデバイス用に保存」でRAW現像(例えばJPEG形式で書き出し)すると、そのExif情報が失われてしまいます。

Photoshopの設定(CS3の場合)

設定と言っても環境設定とかではなくて、書き出す際にひとつだけ注意すればいいんです。
手順は以下の通り。

  1. 「ファイル」メニューから「Webおよびデバイス用に保存」
  2. 「プリセット」欄の右上にある矢印アイコンをクリック
  3. XMPを含める」をチェック
XMP

メタデータの添付は無駄に容量を増やしかねないので、Web制作などでは特に必要ないかと思われます。適宜、チェックするようにしましょう。

※XMPについては「Photoshop ヘルプ」→「メタデータについて」で詳しく解説されています。

update
「ファイル」メニュー→「スクリプト」→「イメージプロセッサ」でもExif付きのRAW現像が可能ですが、「レンズモデル」などの一部のメタデータが消えてしまうようです。
※詳細は「Photoshop ヘルプ」→「イメージプロセッサでのファイルの変換」を参照ください。

4 Comments

YUTAKA |

Windows 版の Photoshop CS4 を使用していますが、「Webおよびデバイス用に保存…」で Exif 情報がstripされてしまうので困っていました。

CS4 では、[メタデータ]欄を[すべて]に設定すると、保存されるようです。
(標準値は[著作権情報および問い合わせ先]になっています)

お陰で、快適に Photoshop を使うことができるようになりました。
貴重な情報を、ありがとうございました。

r.o.g.i. |

YUTAKAさん、コメントありがとうございます。

CS4 では、[メタデータ]欄を[すべて]に設定すると、保存されるようです。

CS4ではそのような項目があるのですね。勉強になりました。
(「Photoshop ヘルプ」→「Web 用の画像の最適化」にて確認しました。)

Ryosuke |

大変参考になりました。
ありがとうございます。

r.o.g.i. |

Ryosukeさん、コメントありがとうございます。
私の環境がCS3なので情報が古いですが、参考になったようで幸いです。

コメントを投稿